■強迫性障害って

■強迫性障害って
平穏で健康的な楽しい生活を送られている人が、突然心身に襲いかかる不安や恐怖を感じられると、どんな気持ちになるのでしょうか。


病院に行き診察を受けても”異常なし、特別に悪い所はありません”と言われれば本当にどうして良いのが分から
なくなりますよね。


あなたもそのような経験をされたことでしょうね。


私もそうでした。


40数年前のことですが、なんとかこの苦しい症状を軽くして欲しいと思い、ある大学付属病院の内科に行きましたところ、異常無しでした。


参照サイト 本田式強迫性障害
先生、私は、毎日苦しいのです。

心臓がバクバクと早鐘のように脈が打ち、息が苦しくて、死にそうになるのです。


何とか助けて下さい。


と言いましたが、いや、別に異常は認められません、と言われ相手にされませんでした。


私は、「色々な本を読み、私なりに思うのですが、心臓神経症ではないでしょうか」と医者に言いましたところ、
「自分でそこまで分かっているなら、治ったも同然ですよ」、
と言われ結局は相手にされずに、すごすごと病院を後にしたのでした。


昔は、「強迫性障害」なんて言い方がなくて、そのような症状は全て「心臓神経症」でかたづけられました。