アクロバットと、QI+の仕事の連携としての使い方

この分割・結合はアクロバット7・8・9の標準機能です。

時として、順番を入れ替えたり(QI+で、製本形式にあわせ[中綴じ:無線]にあわせてPDFの順序の入れ替えが発生します。

割付の変更が発生します。


ちなみに、仕上がりA5の中綴じ面付けは、ページの順序が
4P :4 1 2 3
8P :8 1 2 7 6 3 4 5
12P :12 1 2 11 10 3 4 9 8 7 6 5
16P :16 1 2 15 14 3 4 13 12 5 6 11 10 7 8 9
のような並びに変えて、
割付でA4に2Pを割り付ければ出来上がりです。


こんな仕事がアクロバットと、QI+の仕事の連携としての使い方の1例です。


■デジタル+印刷+営業の未来を拓く。


デジタル学習の登竜門を御覧ください
エクセルからDTPそしてプログラム・WEBで系と、デジタルの基礎が網羅されています。


印刷+DTP+WEB+プログラム+動画+SEO+バリアブル
これが、デジタル印刷営業のテリトリーです。