色が鮮やかであってこそ美しく咲く花がある

一方、昔ながらの淡い色でこそ美しさの映える花もある。

一例をあげれば、紫陽花や朝顔などが後者にあげられるだろう。

古来から馴染んだ花々が斜面や軒先などに群生しているのはとても趣を感じるひと時だ。

花の名というものはとても大事な物だと思う。

幼い頃、「マーガレット」という花が好きだったのはその花の可憐さと名前の可憐さとがとてもよく合致していたからだ。

形を愛でて名前も愛でる。

そうやって花を味わうのは贅沢な楽しみ方だろう。

今年は例年以上に、紫陽花が綺麗だった。

ここ数年というもの、妙に南国めいた色が鮮明すぎる紫陽花が多いように思ったのだが、この梅雨の紫陽花は昔ながらの日本風で風情もひとしおであった。

その紫陽花もいよいよ枯れ始め。

そろそろ夏の花が咲き乱れる季節が来る。


ジュエルレイン アマゾン