バイト中に腹痛

ファーストフード店でバイトをしていた最中に腹痛が襲ってきました。


本格的な腹痛が起こる数十分前からお腹に違和感があり、これは下痢に
なるかもしれないと感じたのでマネージャーに事情を話し、二回程お手洗いに
行かせてもらいました。


しかしトイレに入った途端お腹の違和感が消え、出るものも出る気配がなく。


仕方なく仕事に戻りそのままお昼の忙しい時間帯に差し掛かった時に
本格的な腹痛が起こってしまいました。


『ひたすら無心、そして気をそらす』
既に二回お手洗いに行かせてもらった挙句、一番忙しい時間帯に
抜けるなんてできるはずもなく、仕事をしながらもできる限り必死に堪えました。


一瞬手があいた時にひたすら手の甲をつねったり、お腹をさすったり
口内を噛んだりして気を紛らわせ、自分の休憩時間まで耐え抜きその後トイレに直行しました。


『可能な限りの防寒と薬所持』
ファーストフード店なので決まった制服以外の服の着用は許されていなかった
ので、暖かいインナーを着てお腹にカイロを貼ったり、ストッキングを履いて
少しでも素足を晒さないようにしました。


薬も即効性のあるものを事務所のロッカーに常備し、お腹が少しでもおかしかったら
少し持ち場を離れる許可を貰い、下痢治らない場合は薬を飲みに行くようにしました。