住宅ローン減税

多くの人は、住宅ローン減税という言葉を、家を新しく買う時に知ることになります。

住宅ローン減税を利用するメリットとは、どこにあるのでしょう。

住宅ローンの返済負担を軽減するために、住宅ローンを利用して返済途中にあるような人が、所得税を控除してもらえるというものです。

住所を購入するために住宅ローンを利用してから最大10年は控除が続きますので、減税額も高くなります。

どんな人が住宅ローン減税を利用できるかは、条件があります。

いくつかの条件を満たしている必要があり、住居を取得してから6カ月以内に住むこと、50平方以上の登記面積があることです。

床面積の50%以上が購入者本人の住居として使うこと、住宅ローン減税を受ける年の所得が3000万円をオーバーしていないことも条件に含みます。