小説を書くということ

僕は小説を描くのが趣味です。


大学では文芸部に入っておりました。


文芸部では年に二回部誌というものを出していました。

部誌には小説を載せてあります。


小説を書くのは大変ですが、楽しい作業です。

文章がどんどんひらめいてすらすら書ける瞬間ほど気持ちのいいものはないでしょう。


小説を書くのは絵を書くことに比べて、ハードルが低いと思われます。


パソコンがあれば、もしくは紙を鉛筆があれば誰でもできますから。


なので是非書いてみてください。

書きたいものがある人は。


最初は下手でもいいんです。

僕も最初は下手でした。

日本語にはなってないし、キャラもなんか適当だし。


けれども慣れていくうちにある程度のものは書けるようになりました。

もちろんプロのレベルには程遠いですが。


慣れてくると伏線とかも操れるようになってきます。