女が独身で犬を飼うと婚期が遅れるとよく言います。

ほどほどの年齢になると家族はもちろん他人とは一緒に生活できないというのが本音です。

そんなとき愛玩動物が唯一癒しの存在になるのです。

飼っているペットが自分と同じようなことをすると愛らしくて仕方がなくなります。

同じ寝相だったり、同時に頭を掻いたりすると思わず微笑んでしまいます。

好きな食べ物が一緒だったりしたときも超親近感を覚えます。

そういう瞬間は人間と動物であるということを超えてしまいます。

家庭で動物を飼うと子どもの発育に良いと聞きます。

生命の大切さや世話の方法が分かるからです。

小さいときは別に感じていなくても動物の死に関わることで何かを得ているのです。

そのとき理解しなくても大人になって父親になったら思い出すでしょう。


ベルタ酵素