FXの用法でもあるわけです

「持ち高」を考えて、為替取引における保有中の外貨のことをいいます。

ポジションと同じです。


「メジャーカレンシー」を考えて、外国為替市場で売買取引が頻繁に行われている通貨のことをいいます。

一般には、米ドル、ユーロ、ポンド、日本円、スイスフランを考慮します。


変動や流れに関連性の薄い2つ以上の通貨ペアに資金を分散するような資産構成はリスクヘッジの面で有益といえるでしょう。

株式投資と比べると通貨のトレードの場合は銘柄が少ないので、基本的にどの通貨で取引きしてもそこそこは流通性があるものですね。


事前に決めた利益確定ラインや損失確定基準に到達したら、直ちに機械的にポジションを解消する決断力が必須なのですね。

各個人投資家とプロ投資家が、それぞれの技術で張り合いするのが外国為替証拠金取引の面白いところです。