マインドマップで借金返済と生活保護を徹底分析

借金返済をしている人で返済が苦しくなってきた人というのはとても多いと言われています。


中には、借金返済によって生活費のほとんどが、持っていかれるために、最低水準の生活をすることすら難しくなってきたというケースも多いのです。


最低水準の生活を維持するのが難しくなったという場合には、生活保護を受けることができるとされているのですが、実際のところは、生活保護のお金というのは、借金返済に充ててはいけないことになっています。


生活保護法の保護の種類のどれにも、借金返済は当てはまりません。


とはいえ、借金を返済しながら生活保護をもらっている人も中にはいるのではないかと言われればそうなのですが、生活保護の申請が行われた際には、借入などについてあらかじめ調べられます。


そして借金をしていることが分かった場合には、借金返済をするか、整理をしてから、生活保護の申請をするようにと言われて、すぐに生活保護の申請が出来ないようになっているのです。


生活保護というのは国のお金であり、国民の税金ですから、国民から集めた税金を、借金返済が苦で生活が苦しくなったからと言って、生活保護を受ける人に与えるというのは間違っています。


ですから仕方がないことです。


生活保護を受けなければ生活できないような状況にあるという人は、借金返済をしてから、または借金の整理をした上で、申請をするしか、生活保護を受け取る方法はありません。


借金返済をしながらの生活保護は受けられないのです。