それでも僕は豊胸手術の痛みを選ぶ

豊胸手術をこれから受ける人は気になるのが痛みではないでしょうか。


豊胸手術中は手術の種類にもよるかもしれませんが、ほとんどの場合が麻酔を使って手術をしますから、痛みを感じることはないのが現状です。


しかし豊胸手術の中身によってはどんな麻酔が使われるのか、どれくらいの量が使われるのかが違ってきます。


出産の無痛分娩の時に使われるような硬膜外麻酔を使っているところなども多くて、手術をしているときには部分的に痛みを感じることがないというのが現状です。


しかし手術中は、痛みを感じませんが、麻酔が切れれば他の外科手術同様にして、痛みが出てくることがほとんどで、手術をしてから24時間から48時間の時間というのは、豊胸手術後の痛みが強く感じる可能性が大きいとされています。


もちろん個人差もありますし手術の種類によっても違うと思いますが、インプラントを大胸筋の下に入れたような手術をした場合には、乳腺下にインプラントを入れる手術よりも、手術後の痛みはかなり強いといわれています。


豊胸手術後に感じる痛みが強く、我慢できないほどの強い痛みを感じているというような場合には、飲み薬の痛み止めが処方されたり、注射や座薬なども医師の判断で処方されると思いますから、痛みに耐えられない場合には、そのように伝えれば対処してもらえますから、安心して豊胸手術を受けることが出来ると思います。


豊胸手術の痛みは、種類によりますが少なからずあるのが現状です。