大都会の片隅のコピーの会社 実は儲けています

私が、提唱している中小印刷業の方向に、
コピーの世界からの人の方が近いことがわかりました。


プリンタを使ってのコピーに違和感がない。


カラープリンター、カラーコピーの差はなく
ユーザの「コピー」感覚の世界での発注は、オンデマンド
デジタル印刷機は、上位機種です。


扱い物も、名刺・葉書・封筒・資料(無線・中綴じ)などの
小物印刷です。


うれしかったのが、息子さんです。


素直です。


初めてあった客にもかかわらず、同業とわかると、
今抱えている問題「お客様のPDF」が開かない。


「どうしよう」ということを質問してきてくる。


「フリーのPDF作成ソフトもあるから、お客様に
どう作ったのか聞くのが1番」とのアドバイスを
素直に受け取って、メールしています。


親父は、そんな息子と張り合うでもなく、飄々として
「おれは、印刷上がりだと言い放ちます」
店内の、名刺・葉書専用の1色刷りのオフセット機が、
店の奥の真ん中に位置しています。

カバーをかけて
まだあるということには、現役で作業することがある
ということになります。


伝票類などまではできそうでした。


デジタル学習の登竜門を御覧ください
エクセルからDTPそしてプログラム・WEBで系と、デジタルの基礎が網羅されています。


印刷+DTP+WEB+プログラム+動画+SEO+バリアブル
これが、デジタル印刷営業のテリトリーです。