フルスイングの回転軸

ショートスイングでショットの安定性を確保しましたが、足を広げても、安定性を確保したまま飛距離アップをねらうのがフルスイングの最終目的です。

そのため、脳天からかかとまで地面と垂直になった縦軸を中心に回転するイメージでスイングします。

足を広げてもこのイメージには変わりません。

体重移動も意識することなく回転軸だけを意識し、全身のターンから生まれる力で球を飛ばしていきます。

しかも、無意識のうちに起きる体重移動のため、スタンスの幅を狭めたショートスイングの練習の時よりも大幅に飛距離を稼げます。

ショートスイングで保っていた膝の高さは、フルスイングの場合はフォロースルーにかけて右膝を左ひざに引き寄せることで通常のスイングでも膝の水平回転をサポートすることができます。

自分だけの練習で自信が持てないという方はこちらもご覧になってみてください。