地球最強の生物はやっぱり虫だった

その名は『クマムシ』。

体長が1ミリ前後という非常に小さなその虫はあらゆる環境に適応することができ、種類も1000種類以上確認されている。


なにが最強かと言われれば、やはりそのしぶとさだろう。

空気がなくても問題ない。

高い放射線もへっちゃらで宇宙にだって10日くらいならそのまま放り出されても大丈夫らしい。


普段は体重の85パーセントを占めている水分を自力で0,005パーセントまで下げられるので乾燥にも強く、上は摂氏150℃から下はマイナス150℃くらいまで余裕なうえDNAも自力で修復しちゃうという無敵ぶり。


しかし彼らも不死ではなく、例えば人間が指でグッと押せばプチっとなるし、寿命も1ヶ月から1年と短命なのです。

プチっとするのはやめましょう。


病院を調べるならコチラ