ミマキが300万円台のUVインクジェットを生産。今年度500台以上の販売計画を立てています。

インクジェット+染料は、染色の会社セイレンが、インクジェットを100台以上並べ、工場を形成。

何をしているかといえば、ソフトデニムに花びらとか鳥の羽などの染色を施し、1点もののいわゆるジーパンの新しい世界を開発、ネットからのデザインの選定から発注までの流れを創造し、1本1.5万円程度で取引されている。

インクジェット染料系の出力という規模の事業展開を行っています。


印刷業界では、UVインクでの市場が拡大しています。

ミマキが300万円台のUVインクジェットを生産。

今年度500台以上の販売計画を立てています。


新規事業の芽は、ここにあります。


紙だけでなく、石・金属・タイル・木材・フイルム・革などへの印刷が可能である点。


新規事業は、誰もやったことのないことです。


■[参考] デジタル+印刷+営業の未来を拓く。


デジタル学習の登竜門を御覧ください
エクセルからDTPそしてプログラム・WEBで系と、デジタルの基礎が網羅されています。


印刷+DTP+WEB+プログラム+動画+SEO+バリアブル
これが、デジタル印刷営業のテリトリーです。